入社してもすぐに辞めない為に、良い就職活動をする

切羽詰まって適当に選択するのはNG

現在日本はバブル期のような経済状況ではないので、数社の面接ですんなり内定を勝ち取れるのは一握りです。その中で、とりあえず場所は問わず就職しようと考えるのは不思議なことではありません。新卒は大きな武器で、新卒として就職しなければ中途採用を目指すことになります。ただ、入社したら基本的にはずっと働くことになるので、入社がゴールではありません。入社してから意気揚々と働く為にも、どこでも良いという考えは避けたいです。

視野を広くして好きな事に関連する企業を狙う

例えば車が好きで、車の関係の職を志望したとします。その時に視野を広くすると、受けたいと思う会社が増えます。新品の車の製造・販売はもちろん、車の部品だけを作る会社もありますし中古車の修理・販売をする会社もあります。日本には様々な会社があるので、世の中の仕組みを把握することが重要です。思い描いていた仕事とかけ離れない就職活動をすることで志望理由がぶれないですし、入社後も充実した気持ちで働くことができます。

雰囲気が自分に合うかどうか

仕事は、仕事内容だけが全てではありません。そこには人間関係などが常に付きまといます。仕事は充実しているのに人間関係などが上手くいかず退社するケースも少なくありません。面接は、自分が見定められる機会ですが、自分も会社を見定める機会でもあります。仕事内容だけに捉われて社内の雰囲気や待遇を軽視すると、入社後に思わぬギャップに悩まされてしまいます。面接で会社に訪れた際は、人や雰囲気をくまなくチェックしたいです。

新卒紹介とは、キャリアアドバイザーが利用者に合う求人の紹介やアドバイスなどの支援を行うサービスです。個別のキャリアカウンセリング、面接のフィードバックなど、就職活動における心強い味方となります。