保育士って、こんなにステキ!保育士の良さ

保育士の仕事の素晴らしさって?

いつの時代も、人気の職業のひとつである保育士。保育士といえば女性というイメージが多かったですが、最近は男性の保育士さんもどんどん増えていますよね。やっぱり、保育士を目指す人に共通するのは、「小さな子どもが大好き」ということではないでしょうか。待機児童問題、人材不足なども多くあり、ますます必要なお仕事です。そんな保育士の仕事の生きがいや素晴らしさって、どういうところにあるのかを考えていきたいと思います。

子ども達の成長が見られる!

保育士は、毎日多くの子ども達と長い時間接します。今は共働きやシングルマザーの家庭も増え、0歳のうちから保育園などに行く子どももたくさんいますよね。ハイハイしてミルクを飲んでいた赤ちゃんが、いつの間にかだんだんと歩き出し、少しずつ言葉を話すようになる。そんなかけがえのない瞬間や子どもの成長を、毎日間近で見られるのです。いくら他人の子どもとはいっても、小さな子どもが大好きな人にとっては、本当に可愛く、嬉しいことでしょう。

小さな子どもと関われるということ

たくさんの子ども達の中には、泣き虫な子、暴れん坊な子、色々な性格の子どもがいます。もちろん保育士自身、子ども達の教育について、これで良いのかと悩んだり困ったりすることも日々あると思います。ですが、泣いていた子どもを笑顔にしてあげられたり、「先生大好き!」と言ってもらえたり、お手紙を書いてくれたり。涙が出るほど嬉しいことや、頑張って良かった!と思えることもたくさんあります。小さな子どもと関われるというのは、こんなにも素晴らしく、自分自身の心の成長にも繋がりますね。

保育士の求人なら神奈川にあります。神奈川では、子供が非常に多い特徴のある地域がありますので、保育士が不足しています。