保育士の免許ってどうやってるの?養成学校に通う場合!

保育士の免許を取るためには

保育士とは、保育所で子供を保育する人のことを言いますが、保育士になるためには国家資格が必要です。現在保育士の免許を取得するためには二つの方法があります。一つ目は、毎年おこなわれる国家試験で保育士の試験を受け、免許を取得することです。これは基本的に独学でおこなわなければいけないので、参考書を購入したりまたは試験専門の塾などに通うことが必要です。二つ目は保育士養成学校に通う方法です。こちらは国家試験を受ける必要がないので比較的簡単に免許を取得することができます。

保育士養成学校の種類

保育士養成学校にも種類がありますが、基本的に厚生労働大臣が指定する保育士を養成する学校や施設のことを言います。そしてその種類ですが、四年生大学、短期大学、専門学校、そして、福祉大学校や保育大学校といった施設があります。また、日中は働きながら資格を取得する人のための保育士養成校も多数あり、これは普通の四年生大学や短大、専門学校の夜間部に通うということになります。そして時間的制約があり学校に通えない人のために通信制教育を受けて資格を取ることも可能です。

養成学校に通うメリットデメリットとは!

養成学校に通うメリットとはやはり国家試験を受ける必要がないことです。所定の単位を取得すれば自動的に卒業と同時に資格を取得することができます。また、幼稚園免許も同時に取得することができるのがメリットといえます。またカリキュラムには保育所や幼稚園での実習もふくまれていますので、より実践的に学ぶことが可能です。そして就職も学校側が斡旋してくれる場合が多いですので、就職にとても強いといった点があります。ただ、学費がかかってきますので金銭的余裕がない方にはそこがデメリットになってきます。

昨今では、待機児童が増えているのに反比例するように保育士が不足しています。そのため、保育園の求人が増えてきているのです。